大阪府立旭高等学校吹奏楽部による「ドリームコンサート」が2017年3月25日に開かれます。大阪市鶴見区のお好み焼き専門店 陽風み

お電話大阪 06-6963-8739
受付:16:00~21:30 定休日 不定休
お得な食事チャンスプレゼント

大阪府立旭高等学校吹奏楽部|大阪のお好み焼き専門店 陽風み

大阪府立旭高等学校吹奏楽部による「ドリームコンサート」が3月25日(土)に開催されます。
■日時:2017年3月25日(土)
■開場:13時
■開園:13時30分
■会場:大阪市立旭区民センター大ホール
■会場所在地:〒535-0003 大阪府大阪市旭区中宮1丁目11-14 お電話 06-6955-1307
■入場料:無料

旭区民センター最寄り駅
大阪市営地下鉄 谷町線 千林大宮駅 4号出口 南西へ徒歩約10分
京阪本線 森小路駅 西へ徒歩約10分
大阪市バス 旭区役所区民センター前下車すぐ(78系統、83系統)

大阪府立旭高等学校の優秀なアルバイトスタッフ|大阪市鶴見区のお好み焼き専門店 陽風み

ドリームコンサートポスター
恐らく10年以上前のことと思いますが お好み焼き専門店 陽風みへアルバイトの応募があったのですぐに面接日を連絡し、面接となり好印象だったので採用させてもらいました。
初日にお好み焼きの焼き方や 接客、持ち方、言葉使いなどを覚えてもらったんですが覚えも早く完璧でした。
遅番の時などアルバイトに来ると満席のときもあるのですがそのような時は言わなくても全テーブルの進行状況や伝票によるメニュー完了状態の把握など素早い対応をしてもらいました。高校生でありながらここまで仕事ができるんだと改めて感じました。 ご両親はどのようにお育てになったのかお聞きしたかったくらいです。

旭高校の優秀なアルバイトスタッフ-2 |大阪市鶴見区のお好み焼き専門店 陽風み

仕事も大人と同等化それ以上にできているのですが まだスタッフを必要としていたので だれか友達でアルバイトできる子はいないか聞いてみると すぐに対応してくれました。
するとどうでしょうか、始めに来たスタッフが友達に仕事をしながら丁寧に教えているのです。接客用語、持ち方、置き方、焼き方、その他の注意点などをです。 「あのように教えてあげるといいのだ」と逆に教わってしまいました。 後から来てくれたスタッフも かなりのスピードで野球やラグビーを思い出すようなチームプレイで仕事をこなしてくれました。見ていて安心とスピーディーさも加わったお好み焼きをお客様も感じていただけたと思います。

旭高校最後の夏休み |大阪市鶴見区のお好み焼き専門店 陽風み

そして 高校3年夏休みの事です。お好み焼き陽風みは 8月は特に忙しい月です。 そんな中 「あの~店長!お伝えしたい事があるんですけど」と。内容は卒業旅行で九州を自転車で一周したいと言ってきたのです。
困った!!
どうしようと思いました。 それが 瞬時に伝わったのか 「あの~店長、僕らがおらへん(いない=大阪弁)間のことは何とかします」と言ってくれたのです。 正直困りましたが。 一生に1回しかない 大阪府立旭高等学校の三年生の夏休み、気がついたら 「いいよ 気をつけてゆっくり楽しんでください」と言っていました。 でも 心中は どうしようでいっぱいでした。 二人のスタッフが言ってくれた”何とかします”はすっかり忘れていたのですが 出勤日に友達を連れてきて 「僕らがいない間 彼に仕事を任せてください」と言うのです。 いや~!しかしなぁ~ お好み焼き陽風みの仕事はすぐには出来ないからと告げると 「心配要りません。家で教えてきたのでここでは 大体説明程度でできます」というのです。私は 本当!?とおもいました。
そういえば お好み焼きのカップと混ぜるスプーンちょっと借りてもいいですか?と 聞いていたなとあとで思い出しました。 二人がいない間の細かい事まで後から来たスタッフに引き継いでくれていたかと思うとスタッフが感じている責任感の重さに感謝でいっぱいになりました。
また、連れて来た友人も 抜群の間合いとテンポで仕事をしてもらえました。

最後の夏休みは自転車で九州一周 |大阪市鶴見区のお好み焼き専門店 陽風み

そうこうしている間に旭高校OBの二人が出発したのです。 どうやら船で九州へ行ってそこから自転車のようです。 仕事が終わると いつも今頃どこを走っているのか・・・ と思っていたら 電話が鳴って 受話器を取ると 九州に行ったスタッフ二人からの電話です。嬉しかったです。 始めに店の心配をしてくれて、九州での現在の状況と翌日のスケジュールの報告でした。 それからも電話報告が続きました・・・。

高校卒業おめでとう御座います。 |大阪市鶴見区のお好み焼き専門店 陽風み

九州旅行も終わり仕事に来てくれました。 真っ黒に日焼けした顔はキラキラと輝いていました。 その後も仕事が続き 高校卒業まで勤めてくれて今では立派に成長され社会人として第一線でご活躍中です。

何年後かに旭高校の生徒さん来店 |大阪市鶴見区のお好み焼き専門店 陽風み

さて、あれから何年たったのでしょうか? なんと旭高校の生徒さんが、スタッフの後輩の方がドリームコンサートのポスターを持ってこられましたのでもちろん喜んで貼らせてもらいました。生徒さんにOBの話をすると喜んでもらえたのが印象的でスタッフもお客様も行くと言っておられました。音楽の世界へ、曲の世界へ、夢の世界へ誘って(いざなって)もらえてとても幸せな気分になれる吹奏楽です。
大成功をお祈りいたします。

旭高校スタッフに学ばせていただいたこと |大阪市鶴見区のお好み焼き専門店 陽風み

瞬時に その場の空気を読み取り、心地よい間合いで対応し、無意識の中にある責任感をもって行動することがお客様もスタッフも笑顔になること。

無意識の中にある責任感とは |大阪市鶴見区のお好み焼き専門店 陽風み

業務を請け負ったから 最後まで仕上げなくてはならないので仕上げる=義務=普通の責任感
業務を請け負った事以外のことまで無意識で仕上げる=義務感が無い=無意識の中の責任感
このように考えます。無意識の責任感での行動は美しく見えます。

大阪市鶴見区のお好み焼き専門店 陽風み

これらが現在のお好み焼き専門店 陽風みに繁栄されており忘れられないスタッフとなっています。
ありがとう御座います。


↑ PAGE TOP