大阪のお好み焼きならおまかせ下さい

「お父さん お好み焼きちょうだ~い」|お好み焼き専門店 陽風み

「なななぁーて お父さん? あんな 宿題するから お好み焼きちょうだい!?」
なんと可愛らしい、ほほえましい場面でしょうか、スタッフも励みになりましたのでお客様をご紹介します。
お好み焼きファンが足しげく通う店

注文は焼きそば大一丁、焼きうどん大一丁、豚モダン焼き2枚、チーズ焼き、いか玉

何気ない会話が聞こえてきました。お客様はご両親と女の子二人の4人家族です。何度もご利用いただいています。この日はご家族そろってお出かけだったのかもしれません。オーダーは「焼きそば大一丁」と「焼きうどん大一丁」と「豚モダン焼き2枚」と「チーズ焼き」と「いか玉」だったと思います。

とっても楽しそうな会話が続いているところへ焼き上がったうどんが、次に焼きそばと・・・麺類を先にお出しすると無言になって召し上がっておられました。しばらくするとお好み焼きが焼き上がってお出しするのですが、上の女の子は焼き上がる間中様子を見ておられました。

テーブルにお好み焼きをお出ししました

お好み焼きを食べている子供

すると女の子は目をまん丸に開いて瞬き(まばたき)も忘れたかのように「わぁ~ーーー—-!」すぐさまコテを持って上手に食べ始めました。会話は無く大きなお口でパクパクと・・・・・

お父さんお母さんより食べるのが早い

本当にご両親より食べるのが早かったです。食べてしまうと後は退屈なのかテーブルに顎を置いたり、天井を見たり壁を見たりお父さんお母さんを見たりと、また兄弟のお好み焼きを突っついたりと暇をもてあましているようです。

突然 「なぁ、お父さん! 宿題するからお好み焼きちょうだい、なぁー なぁーって・・・」

暇をもてあましていた女の子が突然「なぁー お父さん? 宿題するからお好み焼きちょうだい?」と言っているのが聞こえてきました。この交換条件にスタッフも思わず「ナイス!」たまらずほほえんで小さくガッツポーズ。
よほどお腹が空いていたので最大の考えを巡らせたのだろうと思うととても可愛らしいです。

困ってしまったお父さん!

お父さんは痛いところを突かれたようで苦し紛れに「ほんまかぁ~・・・?」「ほんまやろうなぁ~ーーー—–?」「たべるんかぁ~?」「うん・・・」しぶしぶのお父さんは「ほんならやるから宿題せーよ・・・」「絶対やからなぁ~」「やったーーー—!」女の子はお父さんのお好み焼きの4分の1程度をうまく手に入れ、後は食べる食べる食べる・・・・・でした。

喜ばれてのお食事は励みになります!

喜ばれてお召し上がりいただけることはスタッフにとって最高の励みになります。本日のご利用誠に有難うございます。どうぞまたお越し下さい。

 

お知らせ

Posted by arys